風俗の求人に応募する前に知っておくべきいくつかの点

風俗の仕事というと、その気にさえなれば比較的簡単にたくさんのお金を稼ぐことができると気軽に考えている人も少なくないようです。

したがって、求人に応募し実際に面接を受けて担当者から仕事の内容について説明を聞くまで具体的にどんなことをするのか知らなかったという人が結構いるそうです。

風俗の求人に応募する前に知っておくべきいくつかの点

確かに一般の女性の場合、風俗のことは何となく知っていても男性ほど馴染みがあるわけではないので、実際の仕事内容を知る機会はほとんどないのかもしれません。

しかしながらその業界で働くのであればやはりある程度の知識は身に付けておくべきでしょうし、わざわざ求人面接に出向いてから内容を知り躊躇して取りやめてしまうといった状況は避けたいものですよね。

そこで風俗の仕事を始めてみたいと考えている人のために、ここで仕事の内容を紹介していきましょう。ひと言で風俗といってもその仕事内容はさまざまです。

どの仕事がどんなことをするのかなどそれぞれの仕事内容を知っておいたほうが、自分に合ったものを見つけやすいはずですからね。

まず、風俗の仕事は「店舗型」と「無店舗型」の2つに大別できます。店舗型の風俗店とはピンクサロン、ファッションヘルスや性感マッサージといったもので、主に繁華街など多くの人が集まる場所の集合ビルの中の一室を使って営業していることが多いです。

男性への接客は、店舗内の個室やある程度スペースを区切った場所で行なわれます。無店舗型の風俗店は、デリバリーヘルスやデートクラブといったものが主で最近の風俗業の主流になってきています。

この場合の接客は男性が指定した場所、たとえばラブホテルやシティホテル、また男性の自宅などに風俗嬢が出向いてサービスを行ないます。

いずれの場合も仕事の内容は男性客に性的サービスを行なうというものですが、風俗店では「本番」は禁止なので「手コキ」や「素股」などで満足させてあげることとなります。

男性客の中にはそれ以上のサービスを要求してくるケースも少なくなく、万が一男性客ともめたりトラブルになった時のことを考えると男性従業員やスタッフがそばにいる店舗型の風俗店なら安心です。

無店舗型の場合でも送迎のクルマの中で待っている男性スタッフに助けを求める事もできますが、間に合わなかったりそもそも送迎を行なわないお店もあります。

したがって、はじめて風俗の仕事をする女性なら店舗型のほうが安心して働けるかと思います。ただし、店舗型のお店では一応出勤時間が決まっており、営業時間内はお客の有無に関わらず店内に待機している必要があります。

営業時間内はお客の有無に関わらず店内に待機している必要があります。

けれども無店舗型のお店なら自宅での待機もOKで、指名があった時にお店から連絡があり送迎車で男性客の指定した場所まで出向くというシステムなので比較的時間の自由が効きます。

参酌★風俗求人 サンロクゴ http://365money.jp/

実際に男性客に行なうサービス内容は、前述したようなものに加えてオプションを設けているお店がたくさんあります。オプション代さえ払えば、大人のおもちゃを使えたりポラロイド写真で撮影できたりといったサービスです。

そしてこういったオプションに掛かる料金は風俗嬢の収入となるので積極的にアピールするとさらにたくさん稼ぐことができるはずです。

はじめて風俗の仕事をするなら店舗型のほうがいいと前述しましたが、もちろん自分に合った仕事内容やお店を選ぶことが肝心です。

せっかく風俗の仕事をするのですから、できるだけ条件のよいお店を探しましょう。インターネットで探せば、自分の求める条件の風俗の求人が簡単に見つかるかと思いますよ。